妊娠や生理とニキビのできやすさの関係

このところ、重曹を使ってニキビケアができるとよく取り上げられています。

ご存知かもしれませんが、重曹は弱アルカリ性なので、油分を分解する性質を持ち、重曹を加えた洗浄料を使って洗浄すれば、汚れた毛穴や角質をお手入れすることができ、にきびの改善につながるのではと期待されているのです。

ただし、研磨効果のある重曹を入れたクレンジング料を使うと肌を傷める恐れもあるため、試してみる際には注意をしなくてはいけません。毎月、生理が来る頃になるとニキビが増える女性はかなりいると思います。

面皰が出てしまう理由として、女性ホルモンのバランスが崩れ、肌の状態が悪くなってしまうのと、生理の時期が来るとどうしても甘いものが欲しくなったりするので、ニキビが出てしまうことが多くなるのでしょう。

顔のおでこにニキビが出来てしまうと、なんとしても前髪で隠そうとしてしまいます。

しかし、そのようなことをするのはニキビをより悪化させてしまう行為なので、なるべくなら前髪で隠すといったことはせずに髪が面皰に触れることがないように刺激を与えずにいることが肝心です。

妊娠の初期はホルモンバランスが乱れてしまいますから非常にニキビが出来やすい皮膚状態になります。

さらに妊娠に伴った精神的ストレスもニキビができる原因となります。

しかしだからといって、抗生剤などを使用をすることはできません。
ホルモンバランスを正しく整えられるように、この時期にはゆっくり落ち着いて、体を静養させましょう。

女性に独特なニキビの原因のひとつとして女性ホルモンのバランスが乱れていることがあると思われます。女性ホルモンのバランスは、ストレスを受けると容易に乱れてしまうということがわかってきました。また、特に生理前の時期は女性ホルモンの分泌を大きく乱してしまいます。

生理前になるとニキビに悩む女性が多くなるのも実はこの女性ホルモンの乱れからきているのです。ニキビが悪化すると、芯を持ったような感じで固く、指で触ると痛いといった症状があります。面皰が出来てしまったら、なんとなくその箇所を確かめたくなって触りたくなることがありますが、触るとさらに雑菌が入ってしまって症状が長引いてしまうかもしれないので、ケアとして面皰対策用のクリームを塗るなどして、清潔に保つようにしてください。

母親がすごくニキビ肌で、自分も中学からニキビに悩まされ、二十歳を越えた今でも、よく面皰ができてしまうので、お顔のお手入れは念入りにやっています。また、三歳になる娘も早くも鼻の周りの毛穴に角質がつまり始めています。
痛ましいことに絶対にニキビのできやすい素肌になりそうです。

遺伝とは恐ろしいと感じました。一般的にニキビになると潰してしまう方が確立的に多いようです。
しかし、跡が気になるから潰すな、というのがよく聞く説です。
早急に治すには、面皰用の薬が最良かと思います。

潰したにきび跡も治ります。

洗浄後に化粧水・乳液で肌をケアして、ニキビだけに薬を塗ります。
ご存知かもしれませんが、にきびはアクネ菌のせいでできるので、フェイスタオルやスポンジなどのメイク用品を共有で使用したり、直接肌が触れてほったらかにして洗わずにいると、にきびがうつってしまう可能性も少なくありません。

また、自分で自分のにきびを触って、顔を触ってしまうと、ニキビがその場所に増えてしまうことがあります。
ところで、肌荒れとニキビが係わっていることも可能性があります。ニキビはホルモンバランスの低下が主な原因なので、思春期に現れやすいです。

ただし、思春期をすぎても出現することがあり、大人面皰とかできものと呼称されています。
この大人ニキビの起こりの一つが皮膚荒れですから、スキンケアやライフスタイルには注意が必要です。

思春期ニキビが洗顔でよくなる??おすすめランキングを公開中